作品詳細

できる社員は「やり過ごす」
540円
上司の指示を「やり過ごし」、部下の不始末は「尻ぬぐい」、さらに「泥をかぶって」働く──職場によくある一見しょうもない現象に、調子のよい企業の秘密がかくれていた! 優秀な社員と強い会社の関係を豊富で愉快な実例にもとづいて次々と解明。さらに著者は不況下の新入社員、中堅諸氏、そして経営者が陥る「何のために働くのか」という素朴にして厳酷な疑問に、長年の研究に裏打ちされた説・「未来」をキーワードにして見事に応えてくれる。会社員のための新バイブル。
できる社員は「やり過ごす」
540円
上司の指示を「やり過ごし」、部下の不始末は「尻ぬぐ…

この作品を読んでいる人にオススメ


高橋伸夫の他の作品


文春e-bookの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン