作品詳細

356円
大正末期、名家の長男の付き人として雇われた孤児の千景は、主の弟・宗一郎に淡い恋心を抱いていたが、主である辰彦に宗一郎との交流を禁じられる。時が経ち、成人した千景に辰彦は取引先との夜会への参加を命じる。しかし、それは辰彦への融資の代わりに千景の身体を差し出す取引であった。そんな時、独立し疎遠になっていた宗一郎が、監視の目をかいくぐり千景の部屋に現れる。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン